おううブログ~牧場ねこ日記~

牧場に住んでいる猫たちの様子を載せています。

MENU

牧場の自由猫うめ

猫 サバ白 ウメ
この猫は去年の夏に一匹で寝ているところを見つけた。まだ生後2か月くらいだった。

はじめは警戒していたが餌をあげて頭をなでてみたらすぐに懐いた。

その時はこんな顔(´・ω・`)をしていたのでショボミとなずけた。(その時は雌だと思っていた)のちに牧場主に引き取られ牧場で自由猫として生きている。

 

名前は(うめこ)になった。

 

オスだがうめこ。大体うめちゃんと呼んでいる。♂1歳1~3か月くらい

他の弱い猫たちのまとめ役になっている。ぷにみ、マスク、赤目、黒モフィー、トゥフィンは基本ウメ一派である、1歳以下くらいの猫たちをまとめている。親はそれぞれ違うと思う。

うめが親猫と別れるのがかなり早かった為か、似たような境遇のねこをまとめているのかもしれない。

ウメ一派は基本人なれしている猫が多いが、ほかにも別の一派があり凶暴な猫もいる

凶暴なキジトラ一派や牧場西のボスの正宗一派、牧場東のボスの茶白ボス一派などがいる

ウメ一派が一番温厚な猫たちである。

うめは全くひっかくことがない。おなかを触っても嫌がらない珍しい猫。

名前を呼ぶと遠くにいてもすぐに駆け寄ってくる。

 

親や兄弟はわかっていない。

 

人語を理解できるらしくかなり物分かりが良い。

 

夕方になると鳥よけのネットにわざと絡まって遊ぶ。